リズム練習(3)

今日は、はじめてのシンコペーション、「ティターティ」の話です。

このリズムは、幼児にとっては「難しいリズム」に分類されます。
特にリズムが苦手な人は、大人でもこれが出てくるだけで「うぇ〜〜〜!!」となりますね。

どうしたらこのリズムに親しみを持ってもらえるかと考え、よくある方法で言葉を当てはめてみましたら、これがクリーン・ヒット。

例えば「スピード」という言葉がそれです。「スピード」と言いながら手を叩いてみると「ティターティ」のリズムです。

それからは、「ティターティ」のリズムになる言葉を探して、1つ2つとノートに書き止めていきました。

スケート

クリーム

ポタージュ

まだまだあります。

ステーキ

グレープ

フルート

どんどん増えていきました。

「トマ~ト」「バナ~ナ」など通常の言い方でないものは当てはめないことにしました。「ん」は休みを意味すると決めたので、「スプーン」「プルーン」もなしです。

幼児教育では語彙を増やすというのも必要なことで、それにも一役買っています。

これをレッスンはなんと最低でも4回以上は続けます。
つまり週に1回のレッスンだとして、1ヶ月ずっとこのリズムと向き合うことになります。
この方法にしてから、導入時点で「ティターティ」に苦手意識を持つちびさんたちはいなくなりました。

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。

次の記事

ドレミの起源