メトロノームなしでテンポをとる

メトロノームなしで正確なテンポをとるのって難しい!

「それって何年もかけて体に入れるものじゃないんですか?」

厳密にはそうですが、ある程度のところまでなら短期間で手に入ります。

受験まであまり時間がない人にも出来る方法があるので、紹介します。

基準のテンポを体に入れる

皆さんは、自分の中に基準となるテンポがありますか?

「それがないから悩んでます!」

実は意識していないけれど、すでに持っているかもしれません。

例えば歩く速さは大体同じです。

もちろん急いでいる時や、誰かと歩いている時は除外ですが、特に急ぐ用事もなく、一人で歩いている時のテンポはいつも同じような速さです。

それを調べてみて、自分のテンポ感覚に取り入れてみると、立派な「基準テンポ」になります。

これで1つ目の基準テンポができました!

練習スピードを基準にする

曲を弾く前にウォーミングアップでエチュードを弾いたりすると思います。

あの練習スピードも体に入っているものの1つです。

エチュードは何回も弾きますから、そのテンポが自然と刷り込まれるのです。

また、音階を練習する速さ、ロングトーンを吹く時の速さなど、いつも同じテンポでやっているはずです。

このように、普段の練習の中から「基準テンポ」を作ることができます。

好きな曲のテンポを基準にする

ふとした時に聴きたくなる曲や、口ずさみたくなる曲はありませんか?

気分がよくなる、アガる曲、そういう大好きな曲のテンポも、体に入ってきやすいです。

 

そしてもちろん、「♩=60」がとれるようにしてください。

秒針が動くタイプのアナログ時計を用意してトレーニングします。

お風呂の中で静かに秒針を意識してみたり、目薬をした後に何秒目を閉じるか静かに数えてみるなど。

先日母が目の手術をしたので、目薬についてとても詳しくなった私です。

私は効果が上がるかなと思い、目薬を2滴さしたりしていたのですが、目薬は片目一滴で十分だそうです。

それ以上は流れ出てしまうので、かえってもったいないのだとか。

また、まばたきして薬を行き渡らせようとする行為もNGで、薬液が外に流れ出たり涙で薄まらないように、さしたらじっと目をつぶる方が効果的なんだそうです。

ということで、じっと目を閉じるのが良いわけです。

あれれ?いつのまにか目薬の話になっている。

テンポの話に戻ります。

このように、自分の基準テンポを複数開発し、あとはそれを発展させていきます。

発展のさせ方

例えばテンポ60を2分割して打つと、倍の速さになるので「♩=120」になります。

また、「歩く速さ」「練習のテンポ」「好きな曲のテンポ」など、併用して覚えていくと、より多くのテンポ感が体に入ります。

全て特別な時間は必要なく、通学時に、練習時に、ついでの能力開発です。

出来るようになるとすぐわかるので、満足感も得られて楽しいです。

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。