属七の和音の勉強法(1)

四和音の中でも最初に覚えるのが「属七(ぞくしち)の和音」です。

テストに出てきた時に答えられるだけでなく、折角なら演奏に役立てたいですね。

自分でできる勉強法を紹介します。

属七の和音を歌ってみよう

「せっかく勉強した属七なのに、弾いていてもどこに出てきたかわからない。」

そんな人にお薦めなのが「歌うこと」です。

特に属七の和音は特徴のある響きなので、歌うだけでもかなりの感覚が手に入ります。

以下はハ長調の属七ですが、これを1音ずつ「下から上へ、また下へ」と歌います。

ピアノを相手にハモリ具合を確かめたり、出をずらして誰かとミニカノンを楽しんだり、転回形にして歌うこともできます。

属七の和音を弾いてみよう

次に、響きを「弾くこと」で確かめてみましょう。

耳に残るようにハーモニーをよく聞きながらゆっくりめで弾いていきます。

以下の譜例では、ハ長調の属七の和音がⅠ度に進行しています。

(ここでは限定進行音(赤い矢印、青い矢印)を覚えるために、わざと省略されている音(G音)があります。)

これを様々な調に移調したのが下の譜例です。

このように色んな調で弾くことで、どの調であっても「属七の響き」に気付けるようになります。

まとめ

属七の和音を勉強する時は、歌ったり弾いたりするとより自分の物にできます。

目で見ても、耳で聴いてもわかるようにして、演奏に役立てましょう!

 

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。