暗記・記憶聴音のレッスン

先日中学生に行ったレッスン例です。

この日の題材はラモーの「メヌエット」ハ長調でした。

このように課題は、普段つかう楽譜から選ぶことが多いです。

理由は私が書いた課題よりはるかに芸術的で、生徒にとっては作品を知ることにつながるからです。

中学生にしてはやさしい課題かもしれません。

難易度はその生徒にあわせて変えていきます。

暗記のレッスン方法

<準備>

調と拍子は最初に伝えます。

今回の生徒には7、8小節の左手部分は難しいので、あらかじめ答えを生徒のノートに書き込んでしまいます。こうして難易度は常に調節します。

<聞く>

まず一回聞いてもらって、どんな特徴があるか一緒に考えて、言わせます。

「前半と後半の右手が似ているけれど、左手は違う」などと、形式の特徴に気づくことができるのが理想ですが、なかなかそうはいきません。

一回弾いただけでわからない時は、もう一回弾いたり、ヒントをだして気付けるように声をかけます。

<暗記>

「3回弾く→生徒が覚えて弾く」を1セットとして、暗記できるまで何セットか繰り返します。

<書く>

弾けるようになったら楽譜に書き起こします。

「書いている最中に迷ったら、いつでもピアノに戻ってきてよいよ」と声をかけます。

実際に忘れてしまっても、ピアノに戻って弾くと手が覚えているので音を思い出せます。

<弾く>

書き上げたら普通は◯をもらっておしまいなのですが、私は生徒に書いた楽譜を見て弾いてもらいます。

実際に弾いてみると、正しく書けたか生徒自身でチェックできますし、それはもう一度音を注意して聴く機会にもなります。(フィードバック)

近くの調に移調したり、今回の曲のように続きがあれば、それを最後まで初見したり、さらに楽しみが続きます。

「暗記→書く」が出来るサインとは

暗記・記憶聴音では、本来は弾く工程なしに「暗記→書く」という力を付けないといけません。

ところがそんなに簡単ではないので、上記のように「暗記→弾く→書く」という1クッションを挟みます。

めでたく「暗記→書く」に移ることができるサインは、「3回弾く→生徒が覚えて弾く」を1セットで出来るようになった時です。

暗記の苦手な子は、5〜6セット繰り返しても覚えられませんが、絶妙に難易度を変えて、少しずつ出来るように導きます。

時間がかかる事柄のひとつで、年単位で成長をじっくり見守ります。

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。