暗記・記憶聴音の自習方法

暗記・記憶聴音が苦手だという声を耳にすることがあります。

必死になるほど頭の中がごちゃごちゃになる。

いざ書こうとするとほんの少ししか覚えていない!

どうしたら覚えられるのでしょうか?

「聞く→ピアノで弾く→書く」

英単語の暗記では、「見る」だけではなく「書く」「読みあげる」「聞く」など、様々なアプローチを交えると覚えやすくなると言います。

暗記聴音でも一工夫して、私は「聞く→書く」の間に「ピアノで弾く」という工程を挟んでいます。

音を鳴らすことで頭の中を整理でき、まだ覚えていない箇所がはっきりします。

そして、覚える自信がついたら「弾く」工程をなくします。

暗記の自習方法

課題を弾いてくれる人がいないと暗記聴音の自習は難しいですが、お薦めなのが「課題を30秒見て、覚えて弾く」という練習です。

アプローチは違いますが「暗記」であることは同じです。

その際1つ意識してほしい大事なことがあります。

それは、自分の暗記方法を検証するということです。

どうやって覚えているのか、なんとなく決めている流儀があるはずです。

今のやり方がうまくいかないのなら、思い切って別の方法を試してみましょう。

また何が出てくると覚えられなくなるのかわかっていると、対策がたてられます。

取り組む課題は2〜4小節程度のやさしく短い単旋律からはじめて、出来るようになったら小節数を増やしたり、両手の課題にしたりするとよいと思います。

次の記事では実際のレッスン例を書いていきます。

まとめ

「課題を30秒見て、覚えて弾く」という自習をしてみましょう!

自分の暗記方法を検証することが、攻略への第一歩になります。

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。