意外と重要?暗記力について

関わっている別の教室で、ピアノの曲が出来上がるのが遅い子がいます。
音符はよく読めるし、リズムも理解できている。
ただ、テンポがゆっくりでないと弾けなくて、速くすると音楽がバラバラに崩壊します。
テクニックの問題も多少はあるでしょうが、もっと気になるのは、曲の形というか、フレーズ感がなくてぼんやりしていることです。

メロディを歌ったり、曲を変えたり、歌いながら弾いたり、色々試しました。
そんな中、先日ソルフェージュで暗記をやってみたところ、「たった2小節であっても覚えられない」ということに気づきました。

そうか、暗記が苦手なんだ!

考えてみると、演奏をする時には、たとえ譜面を見ながらでも常に暗記をしています。
例えば「タラリラ」という16分音符4つの小さな暗記にはじまり、2〜4小節程度フレーズの暗記、ピアノであれば左手の和音の暗記など、いちいち1音ずつ見ている暇はないわけで、暗記だと思わず自然と覚えて、さらに覚えて…と情報を積み増して演奏までいっているのですね。

そこで私が反省したのは、「暗記力を鍛える課題をもっと頻繁にやらないといけない」ということ。本当に子どもたちから教わることがたくさんあります。

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。