谷川俊太郎「かっぱ」でリズム練習

リズム練習の変わり種に「詩」を使うことがあります。

谷川俊太郎さんの『ことばあそびうた』はリズムの宝庫!

読んでいるだけで愉快な気分になれます。😊

大勢で読む方が楽しいですが、個人レッスンの材料としても使っています。

「かっぱ」を使ったレッスン

1)そのまま読み上げる

どこで一息を置くかはカンの働かせどころ。

どちらかというと「国語」の範囲内ですが、これが立派にフレージングの勉強になっていきます。

2)1行ずつ読み上げる

2人なら代わりばんこに、複数人であればみんなで、一行ずつ読んでいきます。

上手に継ぐには前の人の行を聴いていないといけないので、聴く力を育てます。

3)「かっぱ」だけ読み上げる

これは盛り上がること間違いなし。

生徒は「かっぱ」だけ言って、残りは私が読み上げます。

この「かっぱ」というワード、なんと魅力的に響くことか!

受け渡すには同じ拍にのらなければならず、相手と共に拍感を保つ練習になります。

「逆バージョン」もした方がよいです。私が「かっぱ」だけ、生徒は残りを読み上げます。

4)「か」が出てきたら手拍子する

先ほどの「かっぱ」だけ言えるようになった後に、さらに手拍子を入れます。

「か」が出たらパチンと叩く、それだけ。これも盛り上がります。

「かった」「かって」なんてのもあって、少し反応する場所が増えるのも(ソルフェージュ的には)よいです。

バシッと決めるためには体全体が音楽的になることが求められます。

難易度を上げる場合は後打ちの練習として「ぱ」で叩くなどもできます

5)「かっぱ」だけ読み上げない

リズム練習で「指定箇所をわざと叩かない」というのはよくやりますが、「かっぱ」を読まないとするのも面白いです。

これは心の中で音を鳴らす作業、内的聴感が関係しています

体の中で拍を感じ続けられるか?というのもあります。

6)楽語を付ける

AccelerandoやDecrescendoなど楽語を付けてみます。

意味の確認にもなるし、一緒に読み上げる人と合わせられるか、感覚と耳と両方を使います。

ちょうどよい按配で出来るかのセンス磨きにもなります。

7)音の高さを指定する

「か」だけその生徒が歌いやすい高さの音を指定して(例えばA音)、そのほかの文字は完全5度下(例えばD音)で歌う、といったこともします。

頭の中で文字を音に置き換え、しっかり反応できるかという応用問題です。

またこちらが決めるのではなく生徒に音を選んでもらう、即興的要素を取り込むのもよいです。

こういう時に「こうしたい!」という発想が出てくるようになると、舞台でも強くなれます。

どんな詩を選べばよいか?

どんな詩を選んだらよいですか?と聞かれました。

答えは「自分の好きな詩を選ぶ」です。

どんな詩にもリズムがありますが、自分が好きじゃないと楽しく出来ない!

もうひとつ言うならば「無邪気な詩を選ぶ」です。

私は感覚を子ども時代に戻して選定しています。

失敗が怖くない課題

レッスンでこうした「脱線」課題をいつ使うか?という問いに関してです。

他にやっていることがあって、それが上手く進んでいるのなら手を出す必要はありません。

ただ、なんとなくつまらなさそうな顔をしている時、逆に出来ない事が多くてピリピリしている時など、空気を変えたい場面に使います。

歌いたがらない子や、声変わり期の青年、大人の初学者とのレッスンにも使えます。

最大の長所は間違っても笑えることだと思います。笑うと体の力が抜けますし。

ユーモラスな内容が失敗の怖さをやわらげ、出来る人とはより高みを目指すこともできます。

こんな楽しいものを書いて下さってありがとうと感謝しつつ、今日も「とってちってた♪」です。

「とってちってた」はラッパの音を表しています。昭和生まれは知っているのですが今は聞かなくなりましたね。

童謡『おもちゃのチャチャチャ』の2番には「なまりのへいたいトテチテタ らっぱならしてこんばんは」という歌詞が出てきます。私の個人的なイメージでは、まだ習い立てのユーモラスなラッパという感じです。

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。