拍子がわからなくなる(聴音)

聴音で時に拍子がふっとわからなくなることがあります。誰にでも起こりうることで、私も学生時代にたくさん経験しました。

一度わからなくなるともうダメで、まるで迷子の気分。焦って手が動かなくなり、ちょっと脳がフリーズする感じです。こうした現象には技術的な問題もありますが、頭を切り替えられるかどうかは精神的な問題も絡んできます。

解決策としてよく試されるのは、講師が課題を弾く際に一拍目を目立たせる方法です。これでとりあえず小節の区切りがわかります。あまりに極端なアクセントはいけませんが、正常な拍感に引き戻すには有効です。

完全に迷っている場合には、すでにとれている音を「全て消してやり直す」方法も有効です。まっさらな頭に切り替えられれば、意外と書けることもありますので。

このように技術的・精神的負担を軽くして、それでも出来ない時には、そもそも課題の難易度がその生徒に合っていないのかもしれません。その場合は潔く方向転換をします。

実際私は、レッスン中によく課題を変更します。音の増減、リズムの変更、弾く回数の変更、はたまた半分暗記にするなど、常にちょうど良い難易度を探りつつのレッスンです。

直接関係ないですが、5拍子や7拍子・変拍子といった課題にも取り組むことで、脳がびっくりしないような素地を作っておくことも重要だと思います。入試に出ないことにもレッスンで触れるのはそれが理由です。

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。

前の記事

テンポ感