はじめての移調〜ピアノを使って〜

誰もが知っているドイツ民謡の「かえるのうたが きこえてくるよ・・・」というゆかいな歌があります。「かえるの合唱」という曲ですが、私はあの曲をはじめての移調として楽しんでいます。

目的は相対音感の習得です。
譜面は見ずに耳で音を探りあてていきます。

  • ハ長調の「かえるの合唱」をマスターする
  • 毎回弾ける調を増やしていく
  • 最終的に、ハ、ニ、ホ、ヘ、ト、イ、ロ長調(or変ロ)で連続して弾く
  • ハ短調でも弾く

あわせて8つの調になりますが、それぞれ「ドがえる」「ソがえる」と名前をつけ、ハ短調は「泣きがえる」と名付けています。子供たちは泣きがえるが大好きです。
ひとりで弾くのも良いですが、レッスンでは連弾形式にして音を出します。

「譜面」に忠実であることは大事ですが、一方で離れて自由に弾くというのも重要です。日本人に欠けているのは後者だと感じます。そんな理由でこのレッスンを大事にしています。

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。