属七の和音の勉強法(2)

和音がいつも基本形で出てきてくれれば楽なのですが、そうはいきません!

入試にもバラバラに並んだ音を何度の和音か判定する問題が出されることがあります。

転回形の理解は大事、そうした和音の判定が素早く出来るようになります。

以下、ハンガリー 時代の恩師H先生に習った「属七の転回形を勉強する書き取り問題」を紹介します。

属七の転回形の書き取り問題

4つの和音は全て属七の和音だと思って聴きます。(異名同音でいくらでも読み替えられますが、属七になるように考えます。)

先に答えを書きます。

1つ目はBdurもしくはbmollの属七の第二転回形(34)

2つ目はGdurもしくはgmollの属七の第三転回形(2)

3つ目はFdurもしくはfmollの属七の基本形(7)

4つ目はDesdurもしくはdesmollの属七の第一転回形(56)

この問題が工夫されているところは、一番下の音を固定(上記の例では「ハ音」に固定)することで、わざと調性を掴みにくくしているところです。

ちょっと聞いただけでは何調だかピンとこないので、うんと頭を使わされる問題です。

聴音のやり方

実際どのように聴音をしていたかというと、

1)先生が問題を弾く(回数は私が書き取れるまで)

2)楽譜に書き取る

3)音の答え合わせではドイツ音名で歌う(ここで異名同音のチェックも入ります)

4)何調の何度になるか分析して答える

といった流れでした。

これを毎週やりましたが、徐々に転回形の理解が進み、異名同音にも強くなっていきました

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。