リズムの型を攻略しよう!

「聴音」でスラスラ書けるようになるには、「リズム」と「音程」が理解できている必要があります。

今日はまず「リズム」から。

 

「リズム」に型があることをご存じでしょうか?

聴音が出来る人は、音符ごとではなく、実は音符が複数連なった型の把握をしています。

これは英語に置き換えると、アルファベットではなく、単語で把握をしている、そんな感じです。

 

例えばよくお目にかかるこのリズム。

第一印象はどうですか?

 

「・・・ちょっとだめ」思ってしまった場合は、まずその負のイメージを取り払うのが、攻略の第一歩です。

このリズム自体はただの音符、何の意味も持たせなくてよいです。

「こういう型だ」と思い、単語を暗記するように体に入れてください。

 

やってはならないことは、音符ごとに分割して捉えること。

理解する時には分割して考えることも必要ですが、聴音の時にこれをやると時間のロスです。

 

楽譜上には、このようなリズムの型がたくさん見つかります。

聴音の初心者は、まずこのリズムの型を自分のものにすることからはじめます。

1つ、また1つと、自分が捉えられる型が増えていくと、ようやく音を聞く余裕が生まれます。

 

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。