リズムの型はそれほど多くない

把握できると役立つリズムの型について、呉先生のリズムの本を使って説明していきます。

この本は私の学生時代からある古い本ですが、愛用する先生の多い良書です。

今回は聴音初心者用と考えて、まずは4分音符と8分音符の型を攻略します。

1)赤く丸をした型と同じものを探していきましょう。(答え:赤丸含めて11個!)

*クリックすると別画面で画像が出ます。

間違い探しのゲームがありますよね?あれと似たような感覚で探してみてください!

2)今度は青く丸をした型を探しましょう。(答え:青丸含めて3個!)

3)今度は緑の丸の型を探します。(答え:緑丸含めて8個!小節線をまたぐものは除外)

まだ他にも型は見つかると思いますが、整理していくと、自分が把握していない型はそんなに多くないということがわかると思います。

パッと見つけられる型、そうでない型を区別して、そうでない型をたくさん覚えると良いです。

基本の型が把握できるようになったら、タイの勉強、タイが入ってもリズムが把握できるようになったら、16分音符を入れたもの、と段階を踏むことも大事です。

テキストはこちらより↓

https://www.ongakunotomo.co.jp/catalog/detail.php?id=507100

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。