芸大・音大受験を目指して|柏市のソルフェージュ専門教室|
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 受験生のレッスン

受験生のレッスン

音楽家は長い曲をどうやって覚えているのか?

音楽家が30分も続く曲をどうやって覚えているのか不思議に思いませんか?私もとても不思議でした。手が無意識に助け …

名曲がたくさん出てくる授業

前回、カデンツを使ったレッスンについて書きました。留学していたハンガリーでも同様に、カデンツを暗記して弾かされ …

和声アレルギー

四声の聴音において、「すべての声部がくっきり聞こえる」という生徒には出会ったことがありません。そこでどの生徒に …

間違い探し

指揮者コンクールの課題に「間違い探し」があるそうです。スコアに書かれてない音を弾いたパートを指摘するのだとか。 …

暗記聴音について(2)

前回につづき暗記聴音について、先日中学生に行ったレッスンです。 題材はラモーの「メヌエット」ハ長調でした。 * …

暗記聴音について(1)

暗記聴音が苦手だという声を耳にすることがあります。 必死になるほど頭の中がごちゃごちゃになる。いざ書こうとする …

CDを使った聴音

「いつもピアノで弾く聴音でよいのだろうか?」そんな疑問をもち、いつからかCDを流して書き取る聴音をはじめました …

長い単旋律聴音

ハンガリーで勉強をはじめた頃、聴音の素材が実作品から抜き出したものばかりで驚いたのですが、小節数も様々でそれら …

属七の和音の勉強法(2)

前回のつづきです。 せっかく覚えた属七ですが、和音は常に基本形で出てくるわけではなく、転回形になると正体不明に …

属七の和音の勉強法(1)

楽典の知識がその人の中で息づくには何をしたらよいのだろうと、いつも考えています。 たとえば「属七(ぞくしち)の …

« 1 2 3
PAGETOP
Copyright © ソルフェージュ教室LaSolLa All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.