先生役をたのしもう!(初見)

小学生とのレッスンでこの頃やっていることが、先生役のチェンジです。
就学前のちびさんたちとはよくやりますが、小学生でもはじめました。
よくある方法なので偉そうに書くまでもありませんが、効果があります。

考えない子が増えてきています。
彼らの名誉のために書くと、考えていないわけではないです。
彼らなりに懸命に考えているのですが、パッと短時間で判断するので答えが浅いです。
音楽を教える仲間ともこの件について話しますが、デジタル化の悪影響という意見が多いです。

「演奏」は深く考えるという行為なしには出来ません。なんとかして深く考えてもらわないと。
そこではじめたのが「先生役をしてもう」というレッスンです。

例えば音を間違えて読んだ時、もう一度やるのにどこに戻ればよいのか、息つぎはどこで吸うのがよいのか、生徒ちゃんの方が私に指示を出します。考えないわけにいかない状況に追い込むというわけです。

先生役が出来るということもあり、今のところ反応は上々です!




◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。