まずは「音程」を極めよう(楽典)

夏が始まる前に楽典のレッスンに通いはじめた管楽器専攻の受験生さん。
最初は解き方もわからず問題と格闘している様子でしたが、半年後に大きな変化を見せてくれました。

彼女と勉強していて、私も色々と教えてもらったことがあります。
それは「楽典の勉強は、音程問題を極めることからはじまる」ということです。

過去問を解いた時に苦手だったということもあり、最初のうちは集中して「音程」を勉強しました。
考え込む時間をなくし直感的にわかることが目標。
徹底的に頭の中にしみ込ませました。

この「徹底的」というところが大変良かったようで、その後勉強した「音階」「和音」、、「音程」で足踏みしていたとは思えないほど理解が早い!
改めて「音程」を極めることの効用を確認できました。

推薦入試にも無事合格し、今は入学準備としてレッスンを続けています。
最近は初見など新しいことに挑戦していますが、毎回のレッスンで成長を見せてくれて頼もしいです!

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎
千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。

前の記事

2020年お正月

次の記事

アジア人留学生へ