上野駅で「マイスタージンガー」?

日曜日はハンガリー語のレッスンの日でした。
上野駅で乗り換えがあり、その時に我が耳を疑う事件が起こりました。なんと山手線のホームでワーグナーが鳴ったのです。
発車ベルの音楽は数々聞いてきましたが、まさかワーグナーとは!

調べてみたら「オペラ夏の祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World」というイベントの一環で、山手線の発車ベルを、ニュルンベルクのマイスタージンガーの「前奏曲」に変えているのだとか。
先日までトゥーランドットの有名なアリア「誰も寝てはならぬ」だったそうですが、気づきませんでした。(笑)あの曲はフィギュアスケートをはじめ様々な場面で使用されているので、聞き慣れてしまったのかな。

JR東日本ニュース
https://www.jreast.co.jp/press/2019/tokyo/20190412_t03.pdf

お近くのお寄りの際にはぜひ!カッコ良い発車ベルに仕上がっています。
外国人も喜びそうです。