長く音楽に携わってくると、「子ども時代に教えてもらえたらよかったのに!」と思うことがたくさんあります。
先生は言ってくれていたのに生徒が受け取れず流してしまっていることも多々あるのですが、問題に気づいていない先生、(自戒をこめて)気づいていても他にやることが多すぎて流してしまう先生、いろいろです。

そんな中、最近私が意識していることは『バランス』です。
音楽は全身を使うので、体のバランスが良い人のほうが上手に演奏します。

例えば噛み癖。口の形が音に影響するので、管楽器の人が意識することのひとつです。
片方でばかり噛んでいると顔がゆがんで、アンブシュア作りに苦労することもあるそうです。
声楽の人にとっても、響きや発音に影響が出るので、強く意識することのひとつです。

バランス。ソルフェージュでも出来ることがあるかな?

ある日、「手のバランスはどうだろう?」と思い、リズム課題のやり方を変えました。
普段は「左が拍、右がリズム」と叩きますが、時にこれを逆にして練習したり、たまに足を使うこともあります。

「耳はどうだろう?」
2声の聴音では片方を歌いながらもう片方を聞き取るといったことをします。
低音のみ、高音のみの聴音もよくします。
高音を出す楽器の人は高音がよく聞き取れるなど、楽器特有の耳感覚というのがあるのですが、訓練しないとその音域以外が聞こえにくいということがよくおきます。
どの音域の音でも拾える耳が持てると便利です。

「目はどうだろう?」
ということで、譜面を右から読むこともしています。
譜面を左からしか読まないって、変だと思いませんか?
実際逆さにひっくり返しても読める譜面というのがあるし。
これは目というより、脳のトレーニングかな?

私が過去に受けて役に立ったレッスンというのも、「え?こんなことをするの?」という驚きのアプローチが多かったです。
何かを生み出す人間になるためには、既存の枠を壊す体験が必要です。

子供時代にこうした豊かな経験ができると、物事を柔軟に考えられる人間になり、結果的に音楽もふくふく豊かになる可能性が高まるのではと考えています。
私のほうも、色々工夫するのが楽しいです。

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。