楽典問題の定番に音程を答える問題があります。
これが怒涛のように続く問題集というのがあって、訓練にはなるのですが、面白いはずもなく、段々むなしい気分になってきます。少なくとも私はそうでした。(笑)

そこで、教えるようになってからは、別の形で音程が勉強できないかなと考えました。
たとえば、聴音をした後にその課題を使い口頭でたずねる、初見の時に「これは何度?」とたずねるなど、わざわざ音程をやるというより、何かのついでに勉強する方法です。
ハンガリーの小学校でやっていたのを見たことがあり、そこからヒントを得ました。

この「ついでに勉強法」だといつのまにか出来るようになっています。欠点は時間がかかることくらい。だから「あと一年で受験!」というような生徒には向きません。受験まで時間がない場合はやはり問題集を使います。

音程をなぜ勉強するのかというと、音に敏感になる為の過程の1つだと思います。
ピアノや管楽器など、所定の場所を押さえることで音が出るような楽器はあまり感じられないのですが、弦や歌の人などは自分で音程を作るので、たった二音間であっても緊張感や浮遊感、様々な感覚を味わっています。それらを演奏に活かせるか、特に感じず流してしまうか、出来上がる音楽は大きく変わってきます。

私自身もリコーダーを演奏している時に、インターバル(間隔)を肌感覚として捉えよと、常に指摘されます。歌詞もないし、重音も和音も出ない楽器だからこそ、余計に意識しないと音が立ってこないのだと思います。シンプルななものに立ち返るからこそ見えてくること、「たかが音程・されど音程」です。

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。