聴音で時に拍子がふっとわからなくなることがあります。誰にでも起こりうることで、私も学生時代にたくさん経験しました。

一度わからなくなるともうダメで、まるで迷子の気分。焦って手が動かなくなり、ちょっと脳がフリーズする感じです。こうした現象には技術的な問題もありますが、すぐ頭を切り替えられるかどうかには精神的な問題も絡んでくるのだろうなと思います。

解決策としてよく試されるのは、課題を弾く際に一拍目を少し目立たせて演奏する方法です。あまりに極端なものはいただけませんが、少しだけ迷っている時に正常な状態に引き戻すには有効です。

また私は、広範囲に迷っている場合には、すでにとれている音を「全て消す」ように生徒に言います。負の記憶を消し、もう一度まっさらな頭に切り替えて臨むためにです。

このように技術的・精神的負担を軽くして、それでも出来ない時には、生徒のコンディションというより、課題の難易度がその生徒に合っていない場合が多いです。先へ進むためにはなぜ・どこで迷うのか分析し、現時点の実力とかけ離れた課題ではなく、その生徒に合った課題に変更します。分析が当たり、しっかりフォローできると、迷う機会が減っていくのがわかります。

一見受験とは遠い、5拍子や7拍子・変拍子といった課題にも取り組むことで、頭が柔軟に対応できるような素地を作っておくことも重要だと感じます。積み重ねた様々な訓練がすべて役立ってくると思います。

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。