昨日の雪は本当にすごかったですね!一夜明けて、雪かきで腕がいたい私です。

今日はリズムの話。曲で弾いているわりにはあまり理解されていない「弱起」(アウフタクト)です。

曲が1拍目以外の拍から始まることですが、いざ「何拍目から始まっているのか?」と問うと、変な答えが帰ってくることがあります。すでにいろんな曲で弾いているのになぜ?

理由を探りました。「4/4」や「3/4」って何のことかわかっていないのか。そもそも引き算がスラスラ出来る年齢でないと難しいのかもしれないし、「拍」「リズム」といった言葉が何を意味するのか曖昧なのかもしれない。

「目ってなあに?」と真顔で聞かれたことも…その子は「何拍目」の「目」の意味にやたらとこだわっていました。

音楽なのに、算数、国語、すべて関わってきます。うーん、面白い!(なんて言っていられない)

弱起の理解のためには、あえて簡単なリズム課題をやり直しています。

拍とリズムが違うものだということを説明し、書かれてあるリズムを1拍ずつ○を付けられるか確かめて、徐々に難易度を上げて行き、最後にはアウフタクトの譜面を読み解きます。回を重ねると「なるほど!」と納得してもらえて、何拍はじまりの曲なのかも答えられるようになります。

弱起の曲のフレージングは、次も弱起ではじまることがほとんどです。また、弱起がわかると強拍がどこにあるのかも意識できるようになります。小さなことですが、とても大事なレッスンだなと思います。

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。