先日のマダムGさんのレッスンで、三連符が叩けないという事件が発生。
「どんなリズムだったかしら、忘れちゃった〜!」とのことで、いま一度思い出すことにしました。

以前は三文字の言葉をあてはめて練習しましたが、今回は正攻法を幾つか試してみました。
拍を打ちながらリズムを読みあげる
「拍は左、リズムは右」にして机を叩く
Gさんと私で1小節ずつを交互に叩く
私がその場で作った新たな課題を叩く…

大人の方を教えるようになってから、「大人にとってはリズム課題はとても難しい!」ということがわかりました。
それでも繰り返し練習することで、曖昧だったリズムがはっきりとしてきます。

Gさんがお帰りになった後に、何か有名な曲で三連符を耳に記憶させることが出来たらいいのにと思いました。
そこで思いついたのが、チャイコフスキーのくるみ割り人形の「行進曲」です。
クリスマスも近いしぴったり!
次回はこれをもとに、もう少し三連符の勉強をしたいと思います。

 

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。