先日、ハンガリー語の先生より「バルトークの映画が公開される」という情報をもらいました。65分と短い映画ですが、バルトークの次男ペーテル氏のインタビューを中心に構成されたドキュメンタリー作品だそうです。

Hihetetlen szegénységben halt meg Bartók Béla

アメリカに渡ってから苦しい生活だったというのはよく知られていますが、上の記事によると、「30セントでお昼を食べていたが、決して誰からも施しを受けようとはしなかった」、「死ぬ間際は立ち退き寸前までいっていて、床で寝ていた(ベットさえ差し押さえられていた?)」なんて具体的な話が出てくるようです。92歳というペーテル氏の年齢を考えても、本当に貴重な証言だということが想像できます。

ぜひ見てみたいのですが、ハンガリーに行かないとダメかなぁ。とりあえず予告編だけ見つけたのでリンクしてみました。

Bartók(2017) 予告編

途中流れてくるピアノ曲は『Allegro Barbaro』です。一度聞いたら忘れられないユニークな作品です。

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。