梅雨も明けていないというのに、暑いですね!駅のホームに立っていると、まるで中華鍋の中にいるような気がします。気温が高いだけではなく日本という国は湿度も高いので、調子を整えるのが難しいと感じます。

今日のレッスンでも、聴音をしていて、ある音を1オクターブ高く間違って書いた子がいました。しかも2箇所もです。いつもはそんなミスはしない子ですし、来た時から動作がのんびりしていたので、少しバテているせいかなと思いました。

そんな中で、今日は調子について書いてみます。実はソルフェージュの中でも、特に聴音では「調子の良し悪し」が表に出やすいのです。

技術的に足りなくて書けないという時もありますが、すごく疲れていたり、天気が悪かったりするだけで、いつも通りに書けないことがあります。書けないのはともかく、聞こえないのは本当に参ります。私は受験生だった頃に、拍子が違って聞こえたり、半音違って聞こえる「調子の悪い日」がありました。

調子というのは何も聴音だけではなく演奏にも影響を及ぼすので、どんな日だろうと、いつもと同じように自分を整えられたほうがよいです。資質だからとあきらめてしまう?いいえ、大丈夫です!常に調子良くすることはできませんが、「調子の良し悪し」の差を小さくしていくことは誰にでも出来ます。短時間集中の連続である聴音は、まさにうってつけのトレーニングです。まじめに続けていれば徐々に変わっていくはずです。

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。