梅雨のじめじめを吹き飛ばすべく、このところはChopin「ピアノソナタ第3番」の終楽章をみんなで楽しんでいます。
こういう名曲は、冒頭のテーマのメロディ4小節だけでも、いろんな作業ができます。

例えば暗記をして弾く課題にすると、異名同音の勉強になります。
「シー#ファソーシ・シー#ファソーシ」だと納まりが悪い。やはり「シー#ファソー#ラ・シー#ファソー#ラ」だよね、と納得できます。

聴音にするとヘ音記号の勉強になります。
ヘ音記号ですからね、どこの「シ」で始まるのかじっくり考える練習になります。

楽典の勉強にも使えますよ。特徴的な音程・増二度について考える課題にもなります。

また、このテーマは2回目に出てくる時にemollになるのですが、受験生にはこれを利用して移調の課題を作ることもできます。

色々作業したあとに一緒にCDを聴きます。全部聴くとレッスン時間切れ!本当は全部聴きたいのですが…
ゆらゆらしたお化けみたいなテーマ断片が、想像を遥かに超えたものに変身する様が圧巻です。

Charles Richard-Hamelin – Sonata in B minor Op. 58 (third stage)

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。