先日の恩師の演奏会を聴きながら考えていたこと、発想力についてです。

作品の中に、「これは楽譜上どういう指示が書かれているんだろう?」と不思議に思う音がたくさん出てきました。先生がはじめて発明した唱法もあっただろうと思います。作り手にとっても、演奏者にとっても、発想力は大事です。

そういえば授業でも先生の発想は常に斬新でした。いつだったか「大学1年のクラス授業で、記憶に頼ってサン・サーンスの『白鳥』のメロディを楽譜に書き起こす事をやったのよ」という話を聞かせてもらいました。

「わぁ、面白そう!」と思い、その日の晩に早速私もやってみました。まず迷ったのが拍子です。音はなんとか書けましたが、何調だったのかは正確には覚えておらず、結果として勘で書きました。よく知っていた曲なのに、「よく」は聞いていなかったということです。

人によっては手も足も出ない課題ですが、私には良い課題だと感じます。『白鳥』自体を知らなかった子は早速『白鳥』を聴くでしょうし、拍子や調がわからなかった子は、今度からは一歩踏み込んで作品を聴こうとするでしょう。細かく見ると他にも注目すべきポイントがあり、体験してみるとどのレベルの子にも学びの種をまける課題だとわかります。普通に聴音しているよりはずっと勉強になると思いました。

自分の音楽レベルが上がれば上がるほど、こうした奇問との出会いは増えていきます。なぜなら音楽の世界は発想力の高い人の集まりだからです。どんな課題であってもまっさらな気持ちでぶつかっていき、自らの発想力も高めていきたいものです。

今日はミッシャ・マイスキー先生の演奏で『白鳥』を…

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。