合唱大国とも呼ばれるハンガリー。
私が留学していた頃も、活動、演奏会、ともに非常に盛んでした。

H先生の紹介で入団した合唱団がジュネス合唱団です。
指揮者は以前ハンガリー国立合唱団の常任指揮者をしていたウグリン先生(男性)です。現役教育者やリスト音楽院の卒業生も多数所属していて、年中仕事の依頼がある団体でした。

外国人留学生が勉強のために通うことも多く、私と同時期にはベルギー人の女の子が参加していました。
練習は火・金の週二回でしたが、その子は毎回違うスカーフを首にぐるぐる巻いてくる子で、私は部屋中スカーフだらけなのかと想像していました。名前は「アリエル」、洗剤と同じだと思ってすぐに覚えられました。

団員にとってコダーイやバルトーク作品は、子供の頃から何度も歌っている馴染みの作品で、皆が見事に暗記していました。彼らは初見も早いし、耳もよい、音程も正確。入団した当初は「アマチュアなのにこの質の高さは何だろう?」と焦りました。後に、これこそハンガリーの音楽教育の賜物とわかりましたが。

レパートリーの中心は、Kodály、Bartók、BárdosやLisztなど、ハンガリーの作曲家の作品ですが、先生がベルギーに教えにいっていた時期があり、PoulencやDebussyなどフランス語の作品も歌いました。Bachもよくプログラムに上がり、マタイやヨハネ受難曲、モーツァルトのレクイエムも何度も歌いました。テレビの中継が入る会場で国歌を歌ったこともありましたし、リスト音楽院の大ホールやマーチャーシュ教会、イギリスに演奏旅行にも行きました。

中でも特に印象に残っている、Stravinskyの「ミサ」という曲を紹介します。
音取りは大変だし、拍子はころころ変わるし、ヘンテコなミサ曲だとぶつぶつ文句を言っていたのですが、練習を重ねるうちに不協和音も変なリズムもどんどん気持ちよくなりました。それまでよくわからなかったストラヴィンスキーが大好きになるきっかけを作ってくれた大切な曲です。(*動画は私の参加していた合唱団のものではありません。)

Igor Stravinsky – Mass, I-III

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。