入試の楽典問題では、よく「次の曲をト長調に移調しなさい」といった出題があります。

この類の問題はミスをしないように神経を使うので、あまり好きな子はいません。私も受験の頃には、何の意味があるのかと思いながら渋々やっていました。何というかあまり音楽的な作業と感じられなかったのです。ところが先生業をはじめてみると、移調は「出来て当たり前の技術」だということに気付かされました。

レッスンで小さい人を指導していると、より楽な調性に楽譜を移調するという仕事を日常的にします。たとえばリコーダーの楽譜などはフラット系のほうが美しく聞こえて指も楽です。シャープ系の曲をわざと移調することも多いわけです。もちろん基本は作曲家の書いた原譜に忠実に演奏しますが、民謡などはどの高さで歌われていたか定かではないですし、現代の流行歌も音域調整のために移調する機会が多くなります。この時に先生が移調できないと譜面探しが大変です。思ったようなアレンジがあるわけでもなく、結局ある程度は自分でやったほうが効率よい。そんなわけで大抵の先生は自分で楽譜を作ってしまいます。

また移調は特にピアノの人たちにとっては直接的に必要とされる技術です。声楽の伴奏をすると、歌の人たちは勝手ですから「ひとつ高い方が歌いやすいから高くして」などと、日常的に調の変更を要求してきます。ちょうどよい楽譜があれば便利ですが、なければその場で移調して弾くことになります。鍵となるのはまずバスの動き、さらに要所の和音をつかまえて…と瞬時に考えながら弾いていくわけです。

移調が出来るためには、まず調性感覚が確かでないといけません。楽器に頼らずとも自分の中に音楽を流せる人(内的聴感のある人)こそが、移調をできるということになります。もちろん最初はぼんやりしたものでしょうから、精度を上げていくための訓練は必要です。「歌う」こと、「弾く」こと、そして「書く」ことでより確かなものになっていきます。

私は移調のことを「曲のお引越し」と呼んで、特に小さい人たちに頻繁にさせています。大人はどうしても構えてしまいますから、難しいことを考えない小さい頃に、たくさん機会があると良いのではないかと思います。

私自身は移調が好きで、ワンフレーズずつ違う調で歌う遊びを子ども時代に楽しんでいました。母からは「その変な歌をやめてちょうだい!」と言われていましたが、ただ歌うのに飽きた末に発明した遊びでした。移調は顔をしかめて取り組むものではなく、本来そんな程度の「音遊び」が糸口でよいのではないかと思います。ついでに耳もよくなるし、どんどん遊んだらよいと思うのです!