音を聴いて楽譜におこす「聴音」ですが、具体的にどうやって書けばよいのでしょうか?

頭から聴いたのを書いていくのでは途中で手が追いつかなくなります。かといってすべて暗記するというのも限界がある…悩むところだと思います。

私たちは「目印になる音をまず拾いなさい」と習います。そうすることにより、もし追いつかなくなっても次の目印で追いつくことができますし、一曲すべてを暗記する必要もなくなります。

ここではよくある書き取り法を書いてみます。*慣れてきたら3)と4)は同時進行で書くこともできます。

1)音部記号と拍子、告げられた数に小節を区切ります。

2)1回目の通しが弾かれます。この時は全ての小節の「頭の音(一拍目)」を書きます。

3)2回目・3回目と音が鳴る間に、頭の音以外の残りの音を書きます。

4)同様にリズムも書いていきます。

5)時間が余ったら、見直しをしながら音符を見やすいように整えます。

まず最初に難しいと感じるのは2)です。「ちょっと待って!」と思っても音楽は止まらないので、何といったらよいのか、自分の感覚を音楽と一緒に横に流すように聴く練習をします。慣れてくれば何でもないのですが、最初は難しいです。慣れてくればと書きましたが、何か効率よい方法があるのではなく、「慣れる」ことで出来るようになります。

二声や四声の聴音は、単旋律聴音がとれるようになってから進まないと、音がこんがらがって何も聞こえません。まずは単旋律聴音を書き取れるようにしてから先へ進むのがよいと思います。

耳の聴こえ方は千差万別です。自己流で出来るようになればよいのですが、なんとなくしか書けずに劣等感を抱えることも多く、大変もったいないです。ぜひ先生について音の聴き方を伝授してもらいましょう!ここに書いてある以外にもたくさんのヒントがもらえます。

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。