楽器のレッスンで「Fis」や「B」が出てくるのに合わせて、小学校に上がる頃にはドイツ音名を教えています。最初は音名が混乱するのではと恐る恐る教えていましたが、子どもは新しい言葉と同じで難なく覚えてしまいます。若いって素晴らしい…

最初は長くて7つの音名を覚えられないため、「ツェーデーエーエフ」と「ゲーアーハーツェー」の2つに分けて教えます。それが覚えられたら1つに合体させます。少し工夫している点は、唱え歌のようにしていることくらいです。リズムをつけたり、歩きながら唱えることもあります。

覚えられたら、2~3音のやさしい課題から少しずつドイツ音名読みを始めます。必ず私も一緒に歌い「ぐちゃぐちゃでも、迷ってもいいから、一緒にうたってね!」と声をかけます。そうすることで早く「慣れる」ことができます。

変化音は少しあとで教えますが、「Fis」や「B」は必要に応じて教えます。レッスンで出てくるものは割とすんなり入っていくようです。

実はドイツ音名は「音」が楽しいのです。「ゲーッ!」や「ハ〜?」なんて発音、ゆかいですよね。大人が思うよりずっと面白いようです。

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。