誰もが知っているドイツ民謡の「かえるのうたが きこえてくるよ・・・」というゆかいな歌があります。「かえるの合唱」という曲ですが、私はあの曲をはじめての移調につかっています。

目的は相対音感の習得です。
譜面は見ずに耳で音を探りあてていきます。

まず1回目のレッスンでは、ハ長調の「かえるの合唱」を弾けるようにします。
その後、毎回弾ける調を増やし、全音階の長調(ハ、ニ、ホ、ヘ、ト、イ、ロ長調)7つを、連続で弾けるようにします。
7つ弾けるようになったら最後にハ短調を教えます。
大人はこういうチャレンジに弱いのですが、子どもはなんとなく勢いで弾けてしまいます。
この「勢い」というのを削がないことが、教える時のポイントと言えます。

これら8つの調にはそれぞれ「ドがえる」「ソがえる」と名前をつけ、ハ短調は「泣きがえる」(子どもは大好き!)と呼んでいます。
より楽しめるために私がセコンドを担当して連弾にしています。
止まらずに8匹の蛙が弾けるようになる頃にはあら不思議、自然と相対音感も備わっています。
楽しいし、音階導入の一助にもなるレッスンです。

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。