小さな頃から簡単な伴奏付けが出来るようになっていると、和声感が養われます。
聴音でも、視唱でも、演奏においても、和声が見えてきてくれないと困るので、伴奏付けは大事にしています。

ところがこの伴奏付け、好きな和音で弾いてごらんといっても、最初は手も足も出ない子が多いのです。
年齢が上がれば出来るかというとそうでもなく、高校生でも苦手な子はいます。

これは何とかしなくてはと思い、ある時から最もシンプルな方法に変えました。

それは「書き取りをしたあとの聴音課題に左手1音で伴奏をつける」というものです。
付ける音は移動ドでいうところの「Do Fa Sol」のみ(主要三和音(I・IV・Ⅴ)の根音のみ)にします。
すっきりシンプルに、一番わかりやすい形で骨組みを感じるのが狙いです。

答えは主要三和音の三択なので慣れればそんなに難しいことではありませんが、すこし続けないとコツが掴めません。
そのうち和声の機能(トニック・サブドミナント・ドミナント)が心の中で感じられるようになります。
和声の勉強への第一歩です。

 

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。