バルトーク・ベーラ(Bartók Béla 1881―1945)とコダーイ・ゾルターン(Kodály Zoltán 1882―1967)は、1歳違いのこのふたり、ハンガリー音楽を語る上で外せない偉大な芸術家です。

バルトークは、現ルーマニア領のナジセントミクローシュで生まれました。農業専門学校の校長である父とピアノ教師の母との間に生まれ、幼い頃はいかにも耳が良かったというエピソードが幾つも残っています。5歳で母によりピアノのレッスンが始まり、早くから小さな作曲もし、10歳で自作を数曲披露するはじめての演奏会をします。父が早世したのちは母に連れられて各地を転々としますが、その間も才能は磨き続けられて、18歳でリスト音楽院のピアノー作曲学科に入学します。

一方のコダーイは、ハンガリー中部のケチケメートという町で生まれました。両親とも音楽好きで、鉄道員だった父はヴァイオリンを、母はピアノと歌がうたえました。本人もヴァイオリンを弾いたり聖歌隊で歌ったりしていましたが、本格的な教育を受け始めたのは大学生になってからです。非常に優秀で、日本の東大にあたるような大学でハンガリー文学ードイツ語科に入学し、リスト音楽院の作曲科にも在籍していました。

幼い頃から音楽の才能に満ち溢れていたバルトークと、学問への強い興味がありながら音楽にも惹かれていたコダーイ、このあとふたりは「民俗音楽研究」という共通項で結ばれます。次回はその話を…

<Wikimedia Commons/File:Bartok kodaly.jpg>

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。