みなさんはドレミファソラシドという階名が、どこからきたのがご存知でしょうか?私は恥ずかしいことにただの名前だと思っていたのですが、ある時起源があることを知りました。

それはハンガリー・ケチケメート市でのサマーセミナーの話です。こちこちに緊張していた最初の授業で、「聖ヨハネ讃歌」を歌いました。なんともゆったりした曲です。

フレーズの先頭の音節を集めると、あれれ?「ut re mi fa sol la 」が浮かび上がりました。グイード・ダレッツォ(Guido d’Arezzo 99?~10??)という音楽教師の名前と、「これが階名の起源です」と説明をうけました。とても驚いたことを覚えています!

もうひとつ面白いこと、この時代は「Si」がありません。ヘクサコードという6つの音からなる音階をつかっていました。「Si」にあたる音を歌いたい場合は読み替えを行っていたそうです。「Si」が登場するのはなんとこの600年以上後です。Sancte J(I)ohanneesの「S+I」からきているという説があります。

「Si」が「Sol」と紛らわしいので、「Ti」という国もあります。イギリスと、ハンガリーもそうでした。

「Do」については、「Ut」が言いにくいのでDominus(主)からとった「Do」になったという話をよく耳にします。フランスでは今でも「Ut」だそうです。話がどんどん広がってしまいますが、いろいろと面白いです。

サマーセミナーの話を書いたので、次回は私が勉強していた国ハンガリーについて書いてみます。

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。