ハンガリーで勉強をはじめた頃、聴音の素材が実作品から抜き出したものばかりで驚いたのですが、課題の小節数が一定ではないことも、私にとっては新鮮でした。

ハンガリーだけでなく、海外では面白い聴音課題が存在します。
以前スイスの学校を受験しようとした生徒さんがいたのですが、その生徒さんが持ってきた過去問は、弱起ではじまったり、主音で終わらない聴音でした。

日本の聴音課題はどうでしょうか。
小節数は8もしくは12小節と偶数。途中寄り道をしたとしても主和音で終わる。ほとんどの学校がこの方式です。書き取る前に、あらかじめ拍子や調性・小節数を教えてもらえるのも、日本の入試の「特徴」と言ってよいでしょう。

では、現実に採譜をする時はどうでしょうか?
小節数が奇数の時もありますし、調性も拍子も自分で考えなくてはいけません。
主和音で終わるとは限らないし、ものすごく長い曲でも書きとらなくてはならない。

そんな体験が裏打ちとなり「1から考える聴音」を課題に混ぜるようになりました。
まず全体を通して弾いて、音部記号・拍子・調性を考えて、小節数を数えさせます。
その場で答え合わせをしてから、鉛筆を持っていつもの聴音開始です。
受験課題よりも考える量が多いので、とても良い勉強になります。

生徒たちは最初は複雑な表情を見せますが、その内書き取れるようになります。
この辺りの順応性は素晴らしいなぁと、いつも感心します!

 

◎ソルフェージュ教室・ラソラ◎

千葉県柏市で音大受験準備レッスンをしています。